技術レポート 加飾技術概論

プラスチック製品の表面品質を向上させるために行われる加飾技術について解説した。加飾という言葉は製品の表面を飾って美しくする技術である。

プラスチックの場合、造膜する(めっき、蒸着、スパッタ、銀鏡塗装)、塗る、フィルムを貼る、インクを貼る(転写)、着色する、表面形状をつける方法に分けられる。さらに、加飾の行為が成形と同時(一次加飾)と成形後に二次加工として行われる二次加飾に分けられる。

詳しくはPDFファイルをダウンロードしてください→加飾技術概論

Follow me!