「成形加工」7月号(学会創立30周年記念号)に執筆しました

プラスチック成形加工学会の会誌「成形加工」7月号(6月25日発行)は学会創立30周年記念号として特別な編集体制で作成されました。

私は編集委員として企画に参画しつつ、レビュー解説記事を執筆しました。

タイトル

10年間の技術の進歩「発泡成形」

内容

1.はじめに

2.新しい発泡成形プロセスの開発

2.1 物理発泡剤の導入方法

2.2 水を発泡剤として用いる発泡成形

2.3 発泡剤を含浸させたペレットを用いた発泡成形

3.成形条件の最適化

3.1 成形条件と発泡体の形状の関係

3.2 連続気泡への取り組み

4.可視化・計測

5.材料

5.1 新しい材料

5.2 新しい発泡剤

5.3 フィラーの添加効果

5.4 導電性フィラーと発泡

6.発泡成形品の表面品質改良技術

7.おわりに

 

 

Follow me!