技術レポート 微細射出発泡成形MuCell

微細射出発泡成形(MuCell)は超臨界流体を発泡剤として用いる射出発泡成形である。いかに均一で微細な気泡をもたせるかはいくつかのプロセス条件設定が必要になる。

通常の射出成形では射出ユニットのスクリューが溶融樹脂を押す力で金型の中の溶融樹脂を流動させる。発泡成形の場合、スクリューによって押される力に加え、気泡が拡大する力を用いる。この第2の力が発泡成形(特に微細射出発泡成形)の数々のメリットを生み出している。したがって、樹脂の流動に伴って気泡が拡大できることが設計上のカギになる。

気泡の拡大を阻害するものは、金型内の残留空気、板厚の減少、樹脂の固化である。これらの阻害要因を取り除くために、金型のベントを増やすこと、板厚が薄い部分にゲートを設けること、射出速度を速くできるようにゲート径を大き目にすること等が挙げられる。これらが不十分であると、軽量化、寸法精度、反り・ヒケ解消などのメリットが得られない。

詳しくはダウンロードしてお読みください⇒技術解説 微細射出発泡成形技術(MuCell)

Follow me!